ページ上へ


「軒轅剣 蒼き曜(けんえんけん あおきかがやき)」【6話】の”感想”や”反響”を紹介!

各話Twetterでの「反応」や「感想」はこちらから!

「軒轅剣 蒼き曜(けんえんけん あおきかがやき)」【6話】「あらすじ」や「予告動画」

6話あらすじ

殷と寧の姉妹に、反抗軍の一員である越之(えつし)と柔(じゅう)が合流した。
寧は反抗軍に誘われて戦いに積極的だが、殷は妹の身を心配して反対する。そんな姉の気遣いに反発してしまう寧であった。
一方、釗は皇帝・澄に悩みを打ち明ける。三年前の惨劇以来、釗は眠る事ができなくなっていた。そして、一度見たものは忘れる事ができなくなっていた。
夜の間、惨劇の記憶に苦しむ釗。そんな釗に、澄は宮殿の秘密通路の案内を始める。


出典アニメ公式サイト

6話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwetterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告「動画」や「あらすじ」

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク