ページ上へ

 


「軒轅剣 蒼き曜(けんえんけん あおきかがやき)」【8話】の”感想”や”反響”を紹介!

各話Twetterでの「反応」や「感想」はこちらから!

「軒轅剣 蒼き曜(けんえんけん あおきかがやき)」【8話】「あらすじ」や「予告動画」

8話あらすじ

釗はより大きな力を求めはじめる。何でも手に入れられる力を。 そして古代葵蠶(キサン) 文明の遺跡から見つかった無限の力・黒火の研究に没頭する。何も知らない皇帝・澄は、熱心な釗に関内侯(かんだいこう)への昇級を約束するのだった。 一方、寧の身を案じている殷。そんな殷を気づかう淵たちは、皆と義兄弟の契りを交わそうと提案する。一つの家族となり、共に力を合わせて戦おうと。しかし義父の項 楚(こう そ)は快く思わなかった。


出典アニメ公式サイト

8話を視聴した方の反応

不快な際は削除いたしますので、DMまたはメールにてご連絡いただければ幸いです

次回予告「動画」や「あらすじ」

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク