ページ上へ


アニメ感想まとめ【2話】「灼熱カバディ」Twitter感想まとめ【2話】

画像出典:

2話あらすじ

第2話  繋がる男たち

備(アンティ)の練習はやりたくないと断る宵越。

その理由とは守備同士が手を握るフォーメーション、通称『チェーン』。

男同士で手を握りたくないと守備を拒むものの、攻撃の成功率はゼロ。

だが、二年の水澄京平と伊達真司、そして井浦を観察したことで必勝法を思いついた宵越は攻撃でハットトリックを決めると宣言する。

 


出典

2話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

#3 灼熱の世界へ

1年の宵越と畦道チーム、2年の水澄と伊達チームに分かれて練習試合を行うが1年チームは惨敗。

2人の連携不足が敗因と考える宵越は、畦道と協力しなければいけないことにイラつく半面、勝つためには協力が必要だと暗号による連携プレイをひらめく。

これを機に宵越達は秘密の特訓を開始。気合充分で2年チームへと挑む!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク