ページ上へ

カンナ(小林さんちのメイドラゴンS)

スポンサーリンク

カンナ

このキャラクターの紹介ページ

声優:長縄 まりあ

本名はカンナカムイ。

現在は朧塚小学校に3年生として通っており、才川という親友ができた。

天性の愛くるしさと、ドラゴンとしての力と知性でどんな状況にも適応する力を持っているが、精神年齢的には小学生くらいの女の子。

我が子を強い子に育てたいという思いからカンナカムイの名を与えられ、放任主義の姿勢を取る両親の下に育った影響もあって、両親の気を引きたい気持ちが強く、いたずらを繰り返していたが、ある時ドラゴンが数百年かけて力を封じ込め、戦闘で使えば強力な力となる「龍玉」を壊したことが災いして、人間界へと追放されてしまう。

元の世界では死んだと思われていたトールの生存に気付き小林さんの家を突き止め、トールに共に帰るよう懇願するも、彼女の身の上を知り孤独感や寂しさを察してくれた小林さんに心を開き、トールと共に小林さんのもとに居候を始める。

トールやエルマなどの目上にあたるドラゴンには「様」と敬称を付けて呼ぶが、人間に対しては種族としての優位性から見下しているため、誰に対しても敬語を使わず、呼び捨てにしている

口数はそれほど多くないものの、喜怒哀楽の感情表現は非情に豊かであり、感動したときなどには「おー」と言うのが口癖。

時折、周囲の者たちのやり取りやしぐさを見ては、冷静かつ毒舌的な感想を述べたりすることもある。

好奇心旺盛でいたずら好きな性格であるが、小林さんと出会ってからは「嫌われたくない」という思いから自制しており、子どもらしい好奇心などによる些細な程度に留まっている。

また見知らぬ小さな生き物を食べてしまう悪食な一面を持っている

出典

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク