ページ上へ

コロナウィルスの新たな変異種を初確認

厚生労働省がブラジルから羽田へ到着した男女4人のコロナウィルス感染を発表した。

判明した男女4人からは英国や南アフリカの型とは異なる新たな変異種が検出され国立感染症研究所は世界保健機関(WHO)に通報し、詳しく調べている。

4人はブラジルから2日に羽田空港へ到着した40代男性、30代女性、10代の男女。40代男性は到着時は無症状だったが、呼吸状態が悪化して入院した。30代女性は頭痛などを訴え、10代男性は発熱の症状がある。10代女性は無症状という。

この変異種は、ウイルスの表面にあり、人間の細胞に結び付くとげ状の「スパイクたんぱく質」の構造について、感染力が強い英国型と共通の変異がある。ただ、遺伝子配列の情報も限られており、感染力が従来種と比べ高いかなどは不明。 

記事参照:Yahoo時事通信

公開時更新します

ニュースへのツイッターまとめ

ぜろプラ.アニメ@管理人

変異種とはまた怖い言語ですよね・・・。やっとワクチンも出来てきている中で更にまた別の種類ですから・・・。一体どうなるんでしょう。私気になります

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク