ページ上へ

メリオダス(七つの大罪)


スポンサーリンク

メリオダス(MELIODAS)

このキャラクターの紹介ページ

声優:梶 裕貴(かじ ゆうき)

七つの大罪の団長で本作の主人公。

通称「憤怒の罪(ドラゴン・シン)」手配書の人相書きは無精髭が生えている男性だが実際は少年の姿をしている。

飄々とした性格で、負けそうな戦いでも一切不安な顔を見せないので相手も心が読めない。

特定の女性に対してはスケベで、エリザベスとリズへのセクハラの常習犯


ネタバレあり!!
正体は魔神王の息子にして、〈十戒〉統率者でもあり「慈愛」の戒禁を授かっていた魔神族。

次期魔神王候補、また魔神族のリーダーとして敵味方から畏れられていたが、彼自身はその地位にある自分を嫌悪し、女神族との諍いをくだらなく思う弟想いな性格であり、その中でエリザベスと出会い、「護りたい大切な存在」のいる喜びと気持ちに気付き、争いを終わらせるべく魔神族を裏切ったが、それが三千年前の聖戦の引き金となってしまった。

聖戦後、最高神に「永遠の生」の呪いをかけられ、死しても煉獄に戻り、魔神王に感情の一部を捧げる代わりに蘇り、また永久に歳をとる事がなくなり、真の意味で死ぬことができなくなる。

同じく呪いをかけられたエリザベスと交わした「互いの呪いを解く」という約束を果たすべく、三千年の旅を続けてきた。


身長  :152cm 
体重  :50kg 
血液型 :B型  
種族  :魔神族 

闘級:3400(魔力400/武力990/気力2010)4400(魔神の力使用時)10300(魔神暴走時)→闘級:32500(魔力2700/武力27700/気力2100)56000(魔力3000/武力50000/気力3000)(魔神の力使用時)→闘級:60000→闘級:142000(殲滅状態時)



出典公式HP

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク