ページ上へ

吉田 松陽(銀魂)


スポンサーリンク

吉田 松陽(よしだ しょうよう)

このキャラクターの紹介ページ

声優:山寺 宏一(やまでら こういち)

少年時代の銀時・高杉・桂らの恩師であり、彼らの人生に大きな影響を与えた人物。

既に故人ではあるが、この作品のキーパーソン的な存在。

松下村塾を開き、貧しい子供たちに手習いを教えていた。

最後は、天照院奈落から桂と高杉か松陽のどちらを殺すか選べと命令された銀時によって、仲間の命を守るために首を斬られた。

この時、銀時に対して「ありがとう」と感謝した。屍を食う鬼が出る」という噂を聞き戦場跡へ出向いたところ死体の中で物剥ぎをしていた戦災孤児だった幼少時の銀時を見付け、自分の剣を渡して彼を引き取った。

寛政の大獄で幕府に捕縛されていた頃、牢獄で牢番を務めていた骸(今井信女)に手習いを教えていた。

出典公式HP

 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク