ページ上へ

周防 美来(終末のハーレム)

スポンサーリンク

周防美来(すおう みら)

このキャラクターの紹介ページ

声優:伊藤 静

怜人の身辺の世話や外界との接触を務める、専属担当官

容姿は絵理沙によく似ているが、口調や表情は淡々と大人びている。

怜人にはきわめて献身的に接するも彼のメイティング成果をまったく得られなかったことから解任され、それ以降はマリアや麗亜への引き継ぎも兼ねて怜人グループにメイティング候補として所属する

日本支部には2043年から勤務しているが、正体はそれ以前から絵理沙のバックアップとして作成されたクローンであり、身体は成長促進器の過剰使用による内臓へのダメージや高速学習装置による脳への負荷を緩和する調整を1週間以内ごとに受けなければならない。

また、大食いなのもクローニングによる影響で肉体が大量のカロリーを必要とするためであり、少女期にはいつか怜人の子を出産するよう命じられていた。

キャラクターデザインについては、モダン系のイメージで当時のトレンドだった映画『キングスマン』に出演した女優のソフィア・ブテラがモデルとされており、絵理沙と瞳の描き方で違いをつけられている

出典

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク