ページ上へ


2018年秋アニメ「東京喰種トーキョーグール:re 」【6話(18話)】の”感想”や”反響”を紹介

2018年秋アニメ「東京喰種トーキョーグール:re 」【6話】「あらすじ」や「予告動画」

6話あらすじ

最強の捜査官・有馬を失ったばかりか、トップである和修(わしゅう)一族を暗殺され混乱する〔CCG〕。 そんな中、世間を騒がせていた“ピエロ”と呼ばれる喰種の集団が、各区の〔CCG〕支局を同時に襲撃する。これに対し、総議長・和修常吉(わしゅう つねよし)の遺言により新たな局長となった和修分家の旧多二福(ふるた にむら)は、「彼ら喰種が次に狙うのは本局である」と推測。各区の防衛はそのままに、本局を有馬にかわる最強の捜査官、鈴屋什造に守らせる作戦に出る。 各区で戦いが繰り広げられる中、クインクス班を率いる瓜江は、因縁のある喰種、ドナート・ポルポラの姿を目にし……!?


出典アニメ公式サイト

6話を視聴した方の反応

不快な際は削除いたしますので、DMまたはメールにてご連絡いただければ幸いです

次回予告「動画」や「あらすじ」

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク