ページ上へ


2018年秋アニメ「蒼天の拳 REGENESIS 第2期」【2話(14話)】の”感想”や”反響”を紹介!

2018年秋アニメ「蒼天の拳 REGENESIS 第2期」【2話】「あらすじ」や「予告動画」

2話あらすじ

マントに身を隠していたのは、極十字聖拳の流緋鶴。流飛燕を兄と慕う女拳士であった。飛燕の死を知り、その恨みを晴らすことだけが彼女の生きる意味となっていた。
一方、孤児たちと食卓を囲むヤサカとエリカの前に、謎の一団が現れる。突如、大音量で鳴り響くクラシックの調べ。駆けつけた拳志郎は、暗闇から現れたオランダ軍将校・コールと対峙する。
「僕は最強、最高の人間兵器を創造するのだ!」
人間を狂気へ導こうとするコールに拳志郎の怒りの拳が炸裂する。


出典アニメ公式サイト

2話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwetterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告「動画」や「あらすじ」

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク