ページ上へ


2018年秋アニメ「軒轅剣 蒼き曜(けんえんけん あおきかがやき)」【2話】の”感想”や”反響”を紹介!

各話Twetterでの「反応」や「感想」はこちらから!

2018年秋アニメ「軒轅剣 蒼き曜(けんえんけん あおきかがやき)」【2話】「あらすじ」や「予告動画」

2話あらすじ

三年前――遊牧民の集落で暮らす姉妹、殷(イン)と寧(ネイ)。 そして同じ集落の少年・釗(ショウ)。三人は、仲の良い幼馴染みだった。 姉妹は釗のことを兄のように慕っていたが、それがいつか恋心に変わる。 いつものように草原で遊んでいた三人は、壊れた機関獣を見付ける。 釗は、その未知の機械の仕組みに魅入られるのだった。 一方、太白帝国では、首席機関師である墨 衡(ボク・コウ)が、最強兵器・征天(セイテン)の設計を開始していた。


出典アニメ公式サイト

2話を視聴した方の反応

不快な際は削除いたしますので、DMまたはメールにてご連絡いただければ幸いです

次回予告「動画」や「あらすじ」

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク