ページ上へ


2018年秋アニメ「軒轅剣 蒼き曜(けんえんけん あおきかがやき)」【4話】の”感想”や”反響”を紹介!

2018年秋アニメ「軒轅剣 蒼き曜(けんえんけん あおきかがやき)」【4話】「あらすじ」や「予告動画」

4話あらすじ

殷と寧は、旅の途中で二人の青年・淵(エン)と參狼(サンロウ)に出会う。 彼らは太白帝国に反旗をひるがえす反抗軍の一員であった。彼らは、姉妹にも反抗軍に加わるよう誘う。それは天書と軒轅剣を持つ者の天命だと言う。 一方、太白帝国では、昇進した釗が機関獣の設計に没頭し、苦悩していた。そんな釗をねぎらう皇帝・澄は、気晴らしに外の世界を見せようと思い、釗に機関部隊の指揮権を与えて帝国中を旅させる。しかし――


出典アニメ公式サイト

4話を視聴した方の反応

不快な際は削除いたしますので、DMまたはメールにてご連絡いただければ幸いです

次回予告「動画」や「あらすじ」

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク