ページ上へ


2018年秋アニメ「逆転裁判 season2」【1話】の”感想”や”反響”を紹介!

2018年秋アニメ「逆転裁判 season2」【1話】「あらすじ」や「予告動画」

1話あらすじ

弁護士の成歩堂龍一がいる地方裁判所の被告人第1控え室にスズキマコが入ってくる。マコは必ず無罪にすると約束してくれた成歩堂に命を預けると伝える。だが、成歩堂はマコの事、マコに殺人の容疑がかけられている事を全く覚えていなかった。実は、成歩堂は記憶喪失になっていたのだ。 この後、裁判が開廷。亜内検事は冒頭陳述を行い、成歩堂はマコが警察官の先輩である恋人を殺害した罪に問われていると知る。そして、証人の糸鋸圭介刑事が証言台に立つ。被害者の町尾守は公園の上にあるベンチ付近から突き落とされて絶命。町尾は犯人のメガネを握っていたという。成歩堂は尋問のやり方がわからずに動揺。マコは成歩堂が記憶喪失だと気付き、証言の矛盾を暴けば良いと教える。  成歩堂はメガネの事を糸鋸に追及し、マコのものという確証はないと判明する。だが、亜内は決定的証拠として鈴木と書かれたダイイングメッセージの写真を提出。成歩堂は証拠の矛盾に気付き、被告人の名前は須々木マコだと指摘する。証拠の指文字とは漢字が違うのだ。さらに糸鋸は新たな証拠品の黄色いグローブを提出する。これはマコが事件当日に誕生日だった町尾のために用意したプレゼントだった。成歩堂はこの証拠が事件の鍵を握ると睨む。成歩堂は徐々に弁護士の感覚を取り戻していた。  このグローブは左利き用だったが、証拠写真の町尾は右手で指文字を書いていた。成歩堂は左利きの町尾が右手で文字を書くはずがないと言い放つ。勝利を確信する成歩堂だったが、亜内は事件の目撃者として浪人生のモロヘイヤを召喚する。モロヘイヤは公園を散歩中、目の前に町尾が落ちてきたと証言。驚いて見上げると、真っ青な顔をしたマコと目が合ったという。決定的な目撃証言だったが、モロヘイヤの視力は両方とも0.1と低い事が判明。成歩堂がメガネの事を訊くと、モロヘイヤは最近失くしたと答える。成歩堂は証拠品のメガネを突きつけ、モロヘイヤは自分のメガネだと認める。  成歩堂がこのメガネが被害者の下にあったと教えるとモロヘイヤは激しく動揺。だが、モロヘイヤは重要なのはダイイングメッセージだと訴える。成歩堂は真犯人がマコに罪を着せるために指文字を書いたと主張する。この時、マコは事件当日、町尾と公園で携帯を拾った事を思い出す。拾った直後に落とし主から着信があり、マコは携帯を取りに行くという電話の相手に名前を教えたという。  この後、モロヘイヤは最近携帯を落とした事を認め、成歩堂はマコが拾ったのはモロヘイヤの携帯だったと確信する。須々木を鈴木と間違えるミスが起きるのは耳で聞いた時。成歩堂はモロヘイヤが真犯人だと言い放つ。だが、亜内はモロヘイヤには殺害する動機がないと反論し、成歩堂は絶体絶命のピンチを迎える。この時、成歩堂は記憶を失う前に重要な何かを調べていた事を思い出しそうになるが…。


出典アニメ公式サイト

1話を視聴した方の反応

ぜろプラ.アニメ@管理人

何でか(何でかなんて言ったら失礼・・・)このアニメは見続けている私・・・。
1話もいいテンポでしたし視聴確定ですね。あえてネタバレはしません(*´ω`*)

不快な際は削除いたしますので、DMまたはメールにてご連絡いただければ幸いです

次回予告「動画」や「あらすじ」

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク