ページ上へ


2018年秋アニメ「逆転裁判 season2」【2話】の”感想”や”反響”を紹介

2018年秋アニメ「逆転裁判 season2」【2話】「あらすじ」や「予告動画」

2話あらすじ

弁護士の成歩堂龍一は助手で霊媒師の修行中である綾里真宵、その従妹の綾里春美と事務所で高菱屋百貨店で開催予定の倉院の里・秘宝展のポスターを目にする。ポスターには「子供」と記された倉院のツボの写真が掲載されていたが、本来、そこに書かれていたのは倉院流創始者、綾里供子の名前「供子」。以前、春美が誤って割った時に「子供」と間違って修復してしまったのだ。倉院の里は倉院流霊媒道の総本山で、真宵は家元の娘。  その時、秘宝展で展示される倉院のツボが盗まれたというニュース速報がテレビに流れる。犯人はすごい宝物ばかりを盗み、世間を騒がせている怪人☆仮面マスクだ。真宵は自分たちの秘宝が盗まれたと大騒ぎする。成歩堂たちは高菱屋の大展示場を訪ね、トノサマン・丙の事件に関わっていた華宮霧緒と再会する。霧緒は秘宝展の仕事に携わっていた。霧緒は10日前に仮面マスクから予告状が届いたと告白。予告状には「最も価値ある秘宝をいただきに参上します」と書かれていたという。  成歩堂たちがツボを保管していた地下倉庫に手掛かりを探しに行くと、糸鋸刑事が捜査をしていた。霧緒は誰かが黄金の供子像の位置を移動させた事に気付く。この像は前日の昼に届いたものだった。その時、名探偵の星威岳哀牙が倉庫に現れる。霧緒はイヤな予感がして20日前に哀牙に倉庫の警備を依頼していた。哀牙は前夜の午前1時に倉庫で仮面マスクと相対したが取り逃がした事を明かす。  その後、糸鋸の携帯に仮面マスクが自首したという連絡が入り、成歩堂たちは警察の留置所にいる自称、仮面マスクの天杉優作に会いに行く。優作はツボを失くしたと真宵に謝罪する。そこに優作の妻の天杉希華がやってくる。夫の無実を信じる希華は優作が仮面マスクの大ファンで、自分を仮面マスクと思い込んでいる節があると話し、優作の弁護を成歩堂に依頼する。成歩堂は希華の言葉を信じて弁護を引き受けるが、真宵と春美は自分たちが被害者なのに成歩堂が弁護を引き受けた事にショックを受ける。  真宵と春美は落ち着きを取り戻すと、希華から話を聞くため、優作の自宅を訪ねる。優作の部屋は仮面マスクの仕事道具だらけだった。その時、優作の自宅に警備員姿の男がやってくる。真宵は男の顔を見て驚きの声を上げる。一方、成歩堂は仮面マスクの情報を聞くため、哀牙の事務所を訪れていた。哀牙は不在で、成歩堂はテーブルに置かれた大きめのカバンに目を留める。成歩堂は中身が気になり、カバンのジッパーを開けて中身を取り出そうとするが、その時、哀牙が事務所に戻ってくる。哀牙は翌日の法廷で成歩堂が優作の弁護をする事を知っていて、法廷で自分が証言台に立つ事を教える。翌日の成歩堂の相手は天才検事の御剣怜侍が最強の称号を託したという謎の検事だった…。


出典アニメ公式サイト

2話を視聴した方の反応

不快な際は削除いたしますので、DMまたはメールにてご連絡いただければ幸いです

次回予告「動画」や「あらすじ」

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク