ページ上へ


2020年夏アニメ「GREAT PRETENDER」【4話】感想まとめました

各話Twitterでの「反応」や「感想」はこちらから!

4話あらすじ

CASE4-2
CASE4-5
CASE4-10

CASE 1  ロサンゼルス・コネクション

麻薬製造工場の改修が始まり、エダマメはカッサーノのボディガード・サラザールと共に過ごすことに。

遊園地でサラザールの息子トムと遊ぶうちに、かつての自分を思い出すエダマメ。

そこへカッサーノとローランの逮捕を画策するFBI特別捜査官ポーラ・ディキンスが現れる!


出典アニメ公式サイト

4話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

CASE5-1
CASE5-2
CASE5-7

 CASE 1 ロサンゼルス・コネクション

工場の改修も終わり、最後の取引条件“エダマメ本人による製造実演”が始まった…!

ローラン、カッサーノ、ポーラ、そしてエダマメ、それぞれの思惑が入り乱れるなか、いよいよ「サクラマジック」をめぐる取引が成立する…!

最後に笑うのはマフィアか、コンフィデンスマンか、FBIか…?

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク