ページ上へ


2020年夏アニメ「ド級編隊エグゼロス」【10話】感想まとめました

10話あらすじ

    第10話  「二人の雲母」

サイタマ支部とトーキョー支部の親睦を兼ねての秋葉原観光。

何とかして烈人に近づきたい紫子の提案により、二つのグループに分かれて行動することに。

様々な思惑が交錯するグループ分けじゃんけんの結果、よなを案内人とした、舞姫、宙、烈人、橙馬のグループと、萌萎を案内人とした百花、雲母、紫子のグループに分かれることに。

よなたちが健全に観光を楽しむ一方、萌萎たちが向かった先とは―。


出典アニメ公式サイト

10話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

 第11話  「バイバイ、エグゼロス」

難なくキセイ蟲を倒したものの、相手がやられ際に放った毒針を食らってしまった烈人。

大したことはないように感じたのも束の間、パンツの中から可愛いオコジョが飛び出した! キセイ蟲の正体は刺した相手を少しずつ雌化させるニョタイカ蟲で、逃げたオコジョは烈人の“男の根源”だったのだ。

早く捕まえないと、体が完全に女性になって元に戻れなくなってしまう。

果たして烈人は無事に男に戻れるのだろうか!?

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク