ページ上へ


2020年夏アニメ「ド級編隊エグゼロス」【11話】感想まとめました

11話あらすじ

 第11話  「バイバイ、エグゼロス」

難なくキセイ蟲を倒したものの、相手がやられ際に放った毒針を食らってしまった烈人。

大したことはないように感じたのも束の間、パンツの中から可愛いオコジョが飛び出した! キセイ蟲の正体は刺した相手を少しずつ雌化させるニョタイカ蟲で、逃げたオコジョは烈人の“男の根源”だったのだ。

早く捕まえないと、体が完全に女性になって元に戻れなくなってしまう。

果たして烈人は無事に男に戻れるのだろうか!?


出典アニメ公式サイト

11話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

 第12話  「決戦! エグゼロス」

新知事が制定した条例によって庵野が捕まり、エグゼロスの一時解散が決まった。

独自にHERO活動を続けていたサイタマ支部のメンバーは、人間に擬態したキセイ蟲が知事に成り代わっているのではないかと疑っていた。

キセイ蟲の擬態を見抜けるチャチャは、配達員を装って知事の様子を窺ってみることに。

だが玄関のチャイムを鳴らして知事が姿を見せると、なぜか一緒に家の中に入ってしまう。

何かが起きたと感じた烈人たちが後を追うと、そこには……。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク