ページ上へ


2020年夏アニメ「ド級編隊エグゼロス」【9話】感想まとめました

9話あらすじ

  第9話  「肌金海岸海開き」

エグゼロス本部の粋な計らいで海水浴旅行にやってきた烈人たち。

しかし海岸には怪しげなナマコが大量発生しており、泳ぐどころではなかった。

落ち込んだ一同がホテルに向かうと、ナマコ駆除にやってきたトーキョー支部のメンバーとばったり出会い、烈人たちサイタマ支部も一緒に手伝う羽目に……。

そこで烈人はトーキョー支部唯一の男性隊員・大河橙馬から弟子入りを志願される。

烈人に憧れているという橙馬が隠している秘密とは一体!?


出典アニメ公式サイト

9話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

    第10話  「二人の雲母」

サイタマ支部とトーキョー支部の親睦を兼ねての秋葉原観光。

何とかして烈人に近づきたい紫子の提案により、二つのグループに分かれて行動することに。

様々な思惑が交錯するグループ分けじゃんけんの結果、よなを案内人とした、舞姫、宙、烈人、橙馬のグループと、萌萎を案内人とした百花、雲母、紫子のグループに分かれることに。

よなたちが健全に観光を楽しむ一方、萌萎たちが向かった先とは―。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク