ページ上へ


2020年夏アニメ「バキ 大擂台賽編」【4話】感想まとめました

4話あらすじ

第4話      チーム結成!

更なる盛り上がりを見せる大擂台賽。

会場では三合拳の使い手である陳海王と、日本で唯一海王の称号を持つ空拳道の寂海王の試合が行われていた。

その最中、試合会場の裏では刃牙が勇次郎に対戦表明をしていた。


出典アニメ公式サイト

4話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

第5話  ハンドポケット

お互いに「不可拘束(アンチェイン)」というニックネームを持つオリバと龍書文の試合が始まる。

龍の闘い方は、ポケットに手を突っ込んだ状態で構える不思議なスタイル。

怪力自慢のオリバはどう立ち向かうのか…!?

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク