ページ上へ


2020年夏アニメ「バキ 大擂台賽編」【7話】感想まとめました

7話あらすじ

     第7話      海皇

チーム対抗戦もいよいよ大詰め。

次なる試合は霊長類最強の男、範馬勇次郎と中国拳法の頂であり、生ける伝説である郭海皇の対戦。

未だかつて見たことがない空前絶後の闘いが始まろうとしていた…!!


出典アニメ公式サイト

7話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

    第8話  最強の称号

範馬勇次郎の純粋かつ凶悪なまでの「力」と、郭海皇が100年もの長きに渡り練り上げてきた「武」がぶつかり合い、激しさを増していく闘い。

そして決着を着けるべく、とうとう勇次郎が己の「力」を解放する!!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク