ページ上へ


2020年夏アニメ「モンスター娘のお医者さん」【4話】感想まとめました

画像出典:

4話あらすじ

 

  ● 症例4  不治の病のラミア

突如襲撃される診療所。襲って来たのは、苦無が追いかけていた魔族専門の奴隷商だった。

なんとか窮地を脱したサーフェとグレンだったが、加勢にきた苦無から、今夜奴隷商の一斉摘発が行われることを聞かされる。

グレンはなし崩しに苦無と共に賊徒たちのアジトへ潜入し、捕われていたハーピーの少女達を見つけだす。安心したのも束の間、一人のハーピーが強い腹痛を訴える。

一刻の猶予もないと判断したグレンはその場で治療を始めるが、賊徒との戦闘は苛烈を極め……。


出典

4話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

  ● 症例5 ● 捻挫のケンタウロス

ハーピーの里へ出張診療に行くことになったグレンたち。

ティサリアの牽く馬車で山道を進んでいると、地震による土砂崩れに巻き込まれ、ケイが捻挫をしてしまう。

その後、予定通りハーピーの出張診療をしていたグレンは、往診の途中で様子のおかしいローナを見かけ、不思議に感じていた。

夕食時に押しかけてきたティサリアによると、本来しっかり者であるはずのローナが、なぜかドジばかりするようになり困っているとか。

ティサリアの懇願もあり、グレンはローナの不調の原因を調べることに。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク