ページ上へ

2020年夏アニメ「池袋ウエストゲートパーク」のアニメ情報・各話感想紹介

画像出典:アニメ公式サイト

紹介

『池袋ウエストゲートパーク』は「石田衣良」氏の連作短編小説集シリーズで略称、『I.W.G.P.』。

第1篇「池袋ウエストゲートパーク」が第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞、『オール讀物』への連載を経て、文藝春秋より1998年から2010年にかけて第1シーズン10巻が刊行された。3年半を経た2014年から第2シーズン既刊4巻が刊行されている。

東京の池袋西口公園近くの果物屋の息子・真島 誠(マコト)は、“池袋のトラブルシューター”とも呼ばれ、依頼された難事件を次々と解決し、住民の幸福と秩序の維持を目指す。

文体は1人称小説であり、主人公マコトの回想録の形態である。

ほぼ全ての作品において、冒頭で謎めいた述懐が読者に語りかけられた後、事件の展開を追うという構成を取っている。

舞台となるのは主に池袋で、登場人物は主役脇役を問わず、多くがいわゆる「負け組」や「サイレント・マイノリティ」に分類されるような、周縁的な存在である。

出典:wikipedia

あらすじ

東京、池袋の西口公園。通称“池袋ウエストゲートパーク”近くにある

果物屋の息子・真島誠(マコト)は、ヤクザ絡みの犯罪やギャングの縄張り争いなど、警察では手出しできない難事件を次々に解決する
“池袋のトラブルシューター”と呼ばれていた。

有象無象な人間が集まる池袋の中で、組織に属さず、誰にでもフラットに付き合うマコトの元には、常に危険で刺激的な依頼が舞い込む。

「誰にでも優しい街、愛と平和の池袋。…そう、池袋は最高だ」

今日も池袋の秩序を守っていた彼のもとに、街の平和を揺るがす厄介な事件が持ち込まれる――。

出典:アニメ公式サイト

◆放送時間・配信情報

AT-X

10月6日(火)21:00~

TOKYO MX,10月6日(火)24:30~

サンテレビ,10月7日(水)24:30~

KBS京都,10月7日(水)25:35~

BS11,10月7日(水)24:00~

 

配信

Amazon Prime,10月6日(火)24:15~

公式Twetterタイムライン

ウェブラジオ

放送予定無し

配信情報出典:アニメ公式サイト

STAFF

原作
石田衣良        
監督
越田知明
シリーズ構成
志茂文彦       
キャラクターデザイン
谷口淳一郎
美術監督
中村典史        
色彩設計
伊藤裕香         
撮影監督
呉 健弘         
編集
平木大輔           
音楽
中川大二朗
高田龍        
音楽制作
         
音響監督
土屋雅紀         
音響制作
         
アニメーション制作
動画工房
制作
  
OP
「ニードルノット」PINBALLS
ED
CAST
マコト
熊谷 健太郎
タカシ
内山 昂輝
キョウイチ
土田 玲央
出典:アニメ公式サイト

◆OPとED

公開時更新します

◆公開されたPV

登場人物紹介

※編集中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク