ページ上へ


2020年夏アニメ「炎炎ノ消防隊 弐ノ章」【3話】感想まとめました

画像出典:

3話あらすじ

第参話 新たな火種

伝導者の目的は、アドラバーストを持つ人間・“柱”を集め、“大災害”を再び起こすことだった。

新たな柱の出現に備える第8は、とある街の火災現場で火事場強盗の少女と出会う。

特殊消防隊と白装束による、“五柱目”を巡る争奪戦が始まる!


出典アニメ公式サイト

3話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

第四話 火中模索

“五柱目”の少女・インカを巡り、シンラとカロンが激突する。

一方、炎上する街で第8は“焰ビト”の対応に追われるが、その被害の大きさに後手に回っていた。

“焰ビト”を鎮魂し、火災を消し止め、“五柱目”を確保する。

窮地に立たされた第8に、残された手とは──。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク