ページ上へ


2020年夏アニメ「GREAT PRETENDER」【5話】感想まとめました

5話あらすじ

CASE5-1
CASE5-2
CASE5-7

 CASE 1 ロサンゼルス・コネクション

工場の改修も終わり、最後の取引条件“エダマメ本人による製造実演”が始まった…!

ローラン、カッサーノ、ポーラ、そしてエダマメ、それぞれの思惑が入り乱れるなか、いよいよ「サクラマジック」をめぐる取引が成立する…!

最後に笑うのはマフィアか、コンフィデンスマンか、FBIか…?


出典アニメ公式サイト

5話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

CASE6-1
CASE6-3
CASE6-10

 CASE 2     シンガポール・スカイ

刑期を終えたエダマメは田舎の整備工場で働き始める。

ひたむきに手を動かし続けるエダマメ。

その真面目さを気に入られ、海外で開催される『エアレース』の仕事を紹介して貰う。

トントン拍子に進んだ先で、聞き覚えのある声がして…

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク