ページ上へ


2020年夏アニメ「GREAT PRETENDER」【1話】感想まとめました

1話あらすじ

CASE1-1
CASE1-4
CASE1-8

CASE1   ロサンゼルス・コネクション

自称“日本一の詐欺師”こと枝村真人(エダマメ)は、年寄りや旅行客相手に詐欺を働いていた。

そんなある日、標的に選んだ外国人バックパッカーはまさかの同業者だった!

彼の名はローラン・ティエリー。エダマメを気に入ったローランは、ロサンゼルス・ハリウッドで“ある勝負”を提案する。


出典アニメ公式サイト

1話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

CASE2-1
CASE2-2
CASE2-10

第2話   ロサンゼルス・コネクション

ハリウッドの映画プロデューサー、エディ・カッサーノは、ロサンゼルスを牛耳るマフィアだった。

偽の合成麻薬「サクラマジック」を奴に売りさばこうと誘うローラン。

だが、臆病風に吹かれたエダマメは…。

 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク