ページ上へ


2020年夏アニメ「GREAT PRETENDER」【2話】感想まとめました

2話あらすじ

CASE2-1
CASE2-2
CASE2-10

第2話   ロサンゼルス・コネクション

ハリウッドの映画プロデューサー、エディ・カッサーノは、ロサンゼルスを牛耳るマフィアだった。

偽の合成麻薬「サクラマジック」を奴に売りさばこうと誘うローラン。

だが、臆病風に吹かれたエダマメは…。


出典アニメ公式サイト

2話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

CASE3-1
CASE3-2
CASE3-9

3話   ロサンゼルス・コネクション

映画を通じてカッサーノと意気投合したエダマメ。

「サクラマジック」の独占販売だけではなく、製造レシピ受け渡しを条件に、さらなる高額ディールを引き出すことに成功する。

順調に運ぶ計画の裏でロス市警、さらにFBIが動き出す…!

 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク