ページ上へ


2020年夏アニメ「GREAT PRETENDER」【11話】感想まとめました

11話あらすじ

CASE11-1
CASE11-2
CASE11-9

11話 CASE 3 スノー・オブ・ロンドン

ローラン達とは距離を置き、エダマメはフランスで新しい生活を始める。

そんな折、下宿で世話になってる親子から店を畳むことを聞かされる。

理由は借金。

いつものお節介から、下宿先に飾ってあった古い絵を売り払い、借金を返済しようと奮闘するエダマメだったが…


出典アニメ公式サイト

11話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

CASE12-1
CASE12-2
CASE12-10

        第12話  

エダマメが売りつけた相手は、イギリスの美術界に君臨する画商でオークショニアのジェームズ・コールマンだった。

安値で売り飛ばした名画「ロンドンの雪」を取り戻すため、エダマメたちはコールマン主催のオークションへ乗り込む!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク