ページ上へ


2020年夏アニメ「Lapis Re:LiGHTs(ラピスリライツ))」【11話】感想まとめました

11話あらすじ

   #11  「Top concern」

自分なりの魔女になることを決意したティアラとともに、LiGHTsはふたたび魔女の道を目指す。

彼女たちが夢を語るその頃、学院が存在するマームケステルを魔獣たちが迫っていた。

この脅威から街を守るため、理事長のクロエは開催間近のケステル祭でオルケストラを行う予定の5つの班にとある依頼をする。


出典アニメ公式サイト

11話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

  #12  「Specificity ornament」

街の各地を舞台にして、Sadistic★Candy、この花は乙女、シュガーポケッツ、IV KLORE、supernovaによるオルケストラが同時に始まる。

しかし、魔獣の襲撃を防ぐには魔力が足りない……このピンチの最中、ブリストルの王宮から駆けつけたLiGHTsは、街を守るため、ふたたびオルケストラをスタートする!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク