ページ上へ


2020年秋アニメ「呪術廻戦」【2話】感想まとめました

画像出典:アニメ公式

2話あらすじ

     #2「自分のために」

見知らぬ部屋で目を覚ます虎杖は、目の前にいた呪術高専の教師・五条 悟から自分の“秘匿死刑”が決定したと告げられる。

五条は、虎杖に二つの選択肢を示す。

今すぐ死刑になるか、『両面宿儺の指』20本を探し出し、すべて取り込んだのちに死ぬか――。

 


出典

2話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

       #3「鉄骨娘」

3人目の一年生、釘崎野薔薇を迎えに行く虎杖と伏黒、五条。

そのままとある廃ビルへ向かい、五条は虎杖と釘崎に、廃ビル内に潜む呪霊を祓ってくるよう課題を与える。

ビル内、二手に分かれて呪霊を探し始める虎杖と釘崎は、子どもを人質にとる狡猾な呪霊と対峙する。

2020年秋アニメ「呪術廻戦」【2話】感想まとめました」への1件のフィードバック

  1. 匿名様

    食戟のソーマは次の皿を作ると書いて盗作ってのがテーマだったけど呪術廻戦は盗作者の芥見下々への誹謗中傷を肩代わりさせる為のごみ箱がキャラってのがテーマなんだろうな
    駄洒落と曲解で“勝った方と立場をすり替える”のが盗作者のゴキブリAI上級国民だしいつも成功は自分のおかげで失敗は他人やキャラのせいだと狂信してる塵芥だから呪いとか嗤えるってことなんだろうしな
    芥見下々が孤独を自覚させられるのが嫌なのか人の為とか動機を偽ってたけど業界のムーンレイカーが“最後まで残ったピエロが嘲笑した時にはもう誰もいなくて札束が役に立たなかった”って茶番劇をやってるから死んでもヤクザの金で雇われたピエロにリアルでもネットでも嘲笑もとい弔鐘してもらえるんじゃないの

    返信

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク