ページ上へ


2020年秋アニメ「神様になった日」【7話】感想まとめました

7話あらすじ

   #07   映画撮影の日

ついに映画の脚本を完成させた空は、撮影に向けてスタッフキャストを集めるよう陽太にお願いする。

陽太はメンバーをかき集め、伊座並や阿修羅、神宮司、天願など大勢のメンバーが参加することに。

そして、空が配役を検討した結果、ひなと陽太がメインキャラクターを演じることになり――。


出典

7話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

     #08   海を見にいく日

画撮影は順調に進み、夏休みも残りわずかに。

ひなが言う“世界の終わり”が近づくにつれ、陽太はひなが急に成神家から居なくなってしまうのではと不安を感じるようになる。

意を決して、ひなについて両親に尋ねることにするが……。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク