ページ上へ


2020年秋アニメ「魔女の旅々」【3話】感想まとめました

画像出典:

3話あらすじ

 

第3話『花のように可憐な彼女』/『瓶詰めの幸せ』

『花のように可憐な彼女』
旅の途中で美しい花畑に降り立ったイレイナは、そこにいた少女から花束を預かる。

花が美しいと思われることが大事で、誰でもいいから渡してほしいという不思議なお願いと一緒に。

イレイナは近くの国へと向かうが、何故か門番に入国を止められてしまう。

『瓶詰めの幸せ』
イレイナは、瓶の中に幸せを集めている少年・エミルと出会う。

彼は、自分の家で働く使用人のことが好きで、いつも暗い顔をしている彼女を幸せにするため、その瓶をプレゼントしようとしていた。


出典

3話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

   第4話『民なき国の王女』

滅びた国に辿り着いたイレイナは、唯一破壊を免れていた王城で美しい女性に出会う。

正体は記憶を失ったこの国の王女であり魔女・ミラロゼ。

彼女と国を滅ぼした巨大な化け物との闘いを

イレイナは見届けることになる。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク