ページ上へ


2020年秋アニメ「魔法科高校の劣等生 来訪者編」【6話】感想まとめました

6話あらすじ

     第6話  来訪者編Ⅵ

意中の相手にチョコレートを贈り、思いを打ち明ける日・バレンタインデー。

この習慣はいまも健在で、当日はチョコレートを巡って悲喜こもごものドラマが繰り広げられる。

それは魔法科高校といえども例外ではない。

果たして今年のバレンタインデーはどうなるのか?


出典

6話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

    第7話  来訪者編Ⅶ

バランスからリーナに、《灼熱のハロウィン》を引き起こした術者の捕獲命令が下された。

バランスは「確保が不可能な場合は抹殺もやむを得ない」という言葉とともに、戦略級魔法を発動させるためのリーナ専用のCAD・ブリオネイクを渡すのだった。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク