ページ上へ


2020年秋アニメ「魔王城でおやすみ」【4話】感想まとめました

4話あらすじ

   第4夜  姫と破壊と小さな冒険

スヤリス姫の新たな悩みのタネは、お風呂がめちゃくちゃ狭いこと。

この魔王城で、ゆったりお風呂で眠るという長年の夢を叶えたいと思い、さっそく行動を開始。

まずはお湯の確保へむかうが、行き先は魔物用大浴場で、風呂に入っていた魔物たちは大混乱。

次に浴槽の確保と思っていたところ、大きな甲羅のロケットタートルが現れる。

レッドシベリアン・改は、その魔物の側では火気厳禁だというが……。


出典

4話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

    第5夜  姫と戦う女たち

魔王軍女部隊の帰還により、騒がしくなる魔王城。

人間と仲良くなりたいハーピィが、姫の牢へとやってきた。

しかし姫は、新しい布団を作ることしか頭にない様子。

どれだけ話しかけてもつれない姫に、ハーピィも負けじと女子トークを繰り広げるが、なかなか距離は縮まらず…。

自分が魔族だからイヤなのか、と思うものの、それでも友達になりたい! 

と気持ちを伝えると、姫はその背中を見てハッとして…。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク