ページ上へ


2021年冬アニメ「弱キャラ友崎くん」【1話】感想まとめました

画像出典:

各話Twitterでの「反応」や「感想」はこちらから!

1話あらすじ

Lv.1 なんだかんだ言って 有名なゲームは大体おもしろい

友崎文也は弱キャラである。

陰キャで彼女はおろか友達もいない。

そんな友崎のもう一つの名は「nanashi」。

大人気ゲーム「アタファミ」でのハンドルネームで、日本最高のプレイヤーとして賞賛されていた。

リア充でクラスの中心人物、中村修二も、アタファミに関してだけは友崎に遠く及ばない。

そんなある日、友崎はネット上で「NONAME」というプレイヤーに挑まれる。nanashi相手に善戦するNONAME。

ライバルの登場に心躍らせる友崎だが、「オフ会しませんか?」というNONAMEからのメッセージに困惑する。


出典

1話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

Lv.2 一回の戦闘でレベルが連続で上がるとめっちゃ気持ちいい

「学校の女子三人に話しかけること」NONAMEこと日南葵の出した課題は、友崎にとって過酷なものだった。

学園のパーフェクトヒロインである葵から、人生というゲームの攻略法を学ぶことになった友崎。

葵の指導に従い、隣の席のリア充女子、泉優鈴に話しかけるがうまくいかず、近くの席の菊池風香にも情けないところを見せてしまう。

そんな中、クラスの人気者でみんなから「みみみ」と呼ばれる七海みなみが、友崎のしゃべり方がツボに入って大笑いし、「たま」こと夏林花火も声をかけてくる。

みみみ、たまと図らずも盛り上がる友崎だが、そこに中村が絡んできて……。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク