ページ上へ

2021年夏アニメ「平穏世代の韋駄天達」【8話】感想まとめました

画像出典:

8話あらすじ

#08『韋駄天』

皇帝タケシタと戦うハヤト。

その最中に大きなダメージを負い、ハヤトは動けなくなってしまう。

同じ頃、ブランディと戦うリンの前に姿を現すオオバミ。

オオバミと先代の韋駄天であるおじいさまとの姿が重なり、リンは激しく動揺する。


出典

8話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

#09『陰』

戦後処理をするイースリイ。

新しい韋駄天・ギルは自分の無力さを痛感し、人を助ける強い力を求め、韋駄天の修行を始める。

しかしリンはオオバミの姿を目にしてから気が抜けてしまい、ただ同じ場所に座り、涙を流すだけの日々を送っていた。

同じ頃、逃げ出した魔族たちが再び活動を開始していて――。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク