ページ上へ

2021年秋アニメ「プラチナエンド」【3話】感想まとめました

画像出典:

3話あらすじ

第3話  憧れの人

4月になり、高校生となった明日(ミライ)。

入学式当日に高校へ向かうと、頭上に天使の姿が……さらに幼なじみの少女・花籠咲(はなかごさき)に、キューピットの矢である「赤の矢」を刺されてしまう。

天使ルベルの策略にはまった明日は、咲を守るためなら、自らの命を投げ出しても構わないという状態に。

他の神候補と刺し違える覚悟をするが……。

一方、覆面神候補・メトロポリマンが動き出し、事態は新たな局面を迎える。


出典

3話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

第4話  集結の瞬間(とき)

TV中継を通じて、メトロポリマンは他の神候補たちに呼びかけた。皆で集結し、話し合いで次の神を決めようというのだ。

しかし現れた神候補・メトロブルーとメトロイエローは、メトロポリマンを信じようとしなかった。

神保球場で繰り広げられる二転三転の戦い。

自分たちはどうすべきか?客席で激しく葛藤する明日と咲……さらに絶体絶命の状況となり、2人は究極の決断を迫られる。

 

 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク