ページ上へ

2021年秋アニメ「世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する(暗殺貴族)」【7話】感想まとめました

画像出典:

7話あらすじ

#07 偽りの生活

ルーグは隣国であるスオイゲル王国に向かう。

月に一度、ディアに会うためヴィコーネ領へ赴いているのだ。

そこでルーグとディアは、新しい魔法を開発する。

一方、留守を任されたタルトとマーハは二人だけのお茶会を催す。

ルーグのいない間、二人は楽しくごちそうを作るのだが――


出典

7話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

#08  選択の儀式

化粧品ブランド・オルナを成功させたルーグは、その資金力と、バロール商会の情報網を手に入れる事で、より大きな暗殺者としての力を身につけていた。

しかしルーグは、この世界に転生して以来、まだ正式な暗殺の任務には就いていなかった。

そんなルーグに対して父キアンは、暗殺者にならなくても良いと言う――

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク