ページ上へ


2020年春アニメ「天晴爛漫!」【10話】感想 Tweetをまとめました

10話あらすじ

第10話  The Bridge to  Hell

スタッフを乗せた列車の発車と刻を合わせ、全車揃って一斉にスタートした後半戦。

はからずも「鉄道VS自動車」の戦いともなったレースは白熱し、最大の見所であるミズーリ大鉄橋には大勢の記者が待ち構えていた。

ソフィアは、列車に揺られながら切に願う。

「どうか、このままみんなが無事にゴールできますように……」。

だが、そこへ無情にも襲い掛かるギルの毒牙……!


出典アニメ公式サイト

10話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

   第11話 Rain in the Dark Night

天晴を庇って凶弾に倒れた小雨は、何とか病院に運ばれたものの、厳しい状況にあった。

それぞれに大切している思いを踏みにじられ、ボロボロになったレーサーたち。

アルは、人質となったソフィアの身を案じ、一刻も早く助けに行くために、天晴に「力を貸して欲しい」と乞うのだが……。

トップを走るはずのレースは、さらにその先を目指す天晴の夢は、本当にここでついえてしまうのだろうか?

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク