ページ上へ


2020年冬アニメ「宝石商リチャード氏の謎鑑定」【6話】感想 Tweetをまとめました(順不同です)

6話あらすじ

第6話:危ういトルコ石

大学の友人・下村から同じサークルの置田あゆみを紹介される正義。

あゆみは行方不明になった彼氏の手がかりを探していた。
 
エトランジェを訪れたあゆみは、手がかりであるトルコ石のイヤリングを見せる。
 
 
このイヤリングをプレゼントされた直後に彼氏が行方不明になったため、イヤリングを売った店を探したいというのだ。
 
しかし、そのイヤリングを見たリチャードがいつもとは違う様子を見せる。
 
リチャードの心の内が気になる正義だった。


出典アニメ公式サイト

6話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

第7話:受けつぐ翡翠

通称:吾妻コレクションと呼ばれる宝の数々がオークションにかけられることになった。

その中の「仏手柑」と呼ばれる宝石を、伊藤しょうびん堂の店主・伊藤からの依頼でリチャードと正義は入札に参加することに。

オークション前の下見会で、正義はリチャードの知り合いであるというシンという謎の男と出会う。

同じ「仏手柑」を狙っているようだが、オークションの結果は果たして……。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク