ページ上へ

2019・20年アニメ「あひるの空」【19話】感想 Tweetをまとめました(順不同です)

各話Twitterでの「反応」や「感想」はこちらから!

19話あらすじ

#19   誰よりも高く

奮起したクズ高が同点に追いつき、ついにラストピリオド。

小西の口から百春がついた「ウソ」が明かされた。

小西の抱えていた想いや、自分がバスケをやめていた間、絶え間ない努力を続けたことを知り、動揺する百春。

空はそんな百春に笑顔で、もう一度飛ぶところを見せてほしいと伝える。


出典アニメ公式サイト

19話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

#20    ラストプレイ

北住吉との点差が11点に広がった。

そこでクズ高は、空をポイントガードにし、千秋が点を取りに行く作戦に。

ポイントガードとしての役割がうまく果たせない空に対し、千秋は気合いを入れるが…?

一方、円は姉で看護師のスミに体育館の外に呼び出された。

スミとともにいたのは、車椅子に乗った空の母親の由夏だった。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク