ページ上へ


2020年春アニメ「BNA ビー・エヌ・エー」【8話】感想 Tweetをまとめました

8話あらすじ

第8話『The Mole Rat Speaks』

銀狼様であるなずながアランの命を救ったことにより流れが変わり、銀狼教団のアニマシティへの定住が決まる。

そんななか、銀狼教団の執行長・ボリスは拘置所で勾留中のメディセンの元所長・矢場のもとに教えを説きに向かう。

しかしボリスと会話をした直後に、矢場は凶暴化。

怪物のような姿で暴れまわり、脱獄してしまう。

街を守るために必死に戦う士郎だが、大きな手傷を追う。

そのとき、士郎の体が銀狼に変化する。

士郎こそが本物の『銀狼様』だったのだ。

市長はみちるに、士郎がなぜここまで獣人を守ろうとするのか、そしてなぜ『銀狼』になったのかを明かすため、1000年前に士郎の身に起きたニルヴァジールでの悲劇について話して聞かせる。


出典アニメ公式サイト

8話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク