ページ上へ


2019年秋アニメ「ちはやふる3」【14話】感想 Tweetをまとめました(順不同です)

各話Twetterでの「反応」や「感想」はこちらから!

2019年秋アニメ「ちはやふる3」【14話】「あらすじ」や「予告動画」

14話あらすじ

第一四首  あひみての

新の取りは永世名人の綿谷始が乗り移ったかのような勢いで、試合のペースを持ち込んでいく。

原田はかつて始と対戦した若き日を思い出し、自分の“感じ”が衰えていることを痛感する。

だがそれでも白波会の教えである攻めがるたの姿勢を貫き、会場全体が息を飲む試合展開をみせる。

 


出典アニメ公式サイト

14話を視聴した方の反応

ぜろプラ.アニメ@管理人

 

 

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

 

第一五首 ながれもあへぬ もみぢなりけり

新に告白された千早は試験勉強に身が入らず上の空になってしまう。

偶然その告白を聞いていた奏と菫は、何も知らない太一に伝えるべきか迷っていた。

そんな中、千早へ須藤から電話がかかってくる。

須藤が通う大学のかるた部にはある人物が在籍し一緒に試合をしようというのだ。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク