ページ上へ


2019年秋アニメ「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!」【7話】感想 Tweetをまとめました(順不同です)

各話Twetterでの「反応」や「感想」はこちらから!

2019年秋アニメ「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!」【7話】「あらすじ」や「予告動画」

7話あらすじ

#7       忍はシノビの勘がはたらくようです!

北部の村、ココノノ村を訪れる忍とエルク。二人は予測に反して、村人から惜しみない歓待を受ける。

村は綺麗に整備され、住民は身なりもよく、穏やかな人ばかりであった。全ては北領総督、オスロー・エル・ギュスターヴの統治のお陰、と、彼を賞賛する村人たち。

ココノノ村は稀に見る豊かな村だったが、忍はその裏にある、底知れぬ闇を感じ取り、調査を進める。

そんなココノノ村に、帝国の騎士団が査察に訪れる。騎士団を率いるのは女騎士、ジャンヌ。情報を入手するために、忍がとった手段とは……


出典アニメ公式サイト

7話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

#8  葵は想像以上のスペックを発揮するようです!

七光聖教の存在に激怒するギュスターヴは迸る怒りのそのままに、天の炎、ラージュソレイユを解き放つ。

突然の攻撃に混乱を極めるドルムント。

そんな状況にあって、司は落ち着き払っていた。全ては想定していたこと。

皆が為すべきことを為せば、必ず切り抜けられるはず。

司が作成した避難計画によって、ドルムントは最悪の被害を免れる。

だが、天の炎は止まらない。放たれた炎の精霊たちは、街を焼き尽くさんと攻撃を続けていた。

ミサイルも効かない窮地に立たされた時、世界最高の剣豪、一条葵が名乗りを上げる。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク