ページ上へ


2019年冬アニメ「エガオノダイカ」【9話】の”感想”や”反響”を紹介!

2019年冬アニメ「エガオノダイカ」【9話】「あらすじ」や「予告動画」

9話あらすじ

王国は今や風前の灯火。騎士団総長ハロルドは最後の手段として、新型クラルスの本格的な増産に手を染める。

ユウキや亡き国王夫妻の思いに背く行為だが、あえて汚れ役となり、王国を守り抜こうとするハロルド。

だがユウキとレイラは、そんなハロルドの決断に異を唱える。

イザナが送ってきた帝国の機密情報、その解析に二人は成功したのだ。

互いの信条をぶつけ合うユウキとハロルド。

暁と共に、帝国軍が彼らの間近に迫る。


出典アニメ公式サイト

9話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwetterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告「動画」や「あらすじ」

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク