ページ上へ

2020年冬アニメ「映像研には手を出すな!」【5話】感想 Tweetをまとめました(順不同です)

画像出典:アニメ公式

5話あらすじ

episode05  鉄巨人あらわる!

浅草は校内であやしげなロボットの痕跡を発見し、追跡を開始する。

たどり着いた先にいたのは何やらロボットの作動テストが行う生徒たち。

その中にはなぜか金森と水崎の姿もあった。

実はロボット研究部から、文化祭で上映するロボットアニメを作ってほしいという依頼があったのだという。

テーマは「ロボット対怪獣」だ。

映像研の3人は作品のヒントを探して、芝浜高校創立前から存在するという不気味な地下空間にロケハンに向かう。


出典アニメ公式

5話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

episode06 前作より進歩するべし!

映像研は文化祭で上映するロボットアニメに取りかかった。

今回は美術部が背景を手伝ってくれるという。

オープニング曲はロボ研が作曲、劇中の音楽は水崎が知り合いに頼むことになった。

金森は、効率改善のためにPCの調達に動く。

関わる人数が増えていくことに不安を感じる浅草。

さらに、音響部についての情報がもたらされ、金森と浅草は部室を訪ねる。

そこには膨大な量の音源を守る音響部唯一の部員、百目鬼(どうめき)がいた。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク