ページ上へ


2020年春アニメ「八男って、それはないでしょう!」【11話】感想 Tweetをまとめました

11話あらすじ

第11話 板挟みって、それはないでしょう!

ブランタークの言葉に自分はまだ貴族というものをわかっていなかったことを痛感したヴェル。

加えて、クルトの妻であるアマーリエやその息子たち、領民や王宮の様々な思いも知り、徐々に身動きが取れなくなっていく。

悩んだ末に覚悟を決めたヴェルはある行動を起こし始める。


出典アニメ公式

11話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク