ページ上へ


2020年春アニメ「八男って、それはないでしょう!」【9話】感想 Tweetをまとめました

9話あらすじ

第9話     嫌われ者って、それはないでしょう!

古代遺跡探索で莫大な報酬を得たヴェルは、貴族たちから妬まれ、死亡説まで流されていたことを知る。

そんな中、王都を離れることになったヴェルは、ずっと仕官をアピールしていたローデリヒに屋敷の管理をお願いすることに。

感涙にむせぶローデリヒは、早速死亡説を流した犯人を突き止めるべく動き出す。


出典アニメ公式

9話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク