ページ上へ


2019年秋アニメ「星合の空 -ほしあいのそら-」【2話】感想 Tweetをまとめました(順不同です)

2019年秋アニメ「星合の空 -ほしあいのそら-」【2話】「あらすじ」や「予告動画」

2話あらすじ

柊真と“契約”を交わした眞己は、約束どおり柊真のペアとしてソフトテニス部に入部する。



副部長の凜太朗や太洋、直央は概ね好意的に眞己を受け入れてくれるが、負けん気の強い晋吾をはじめとした翅や樹の3人は、あまりいい顔をしない。



何を言われても気にしない眞己をよそに、そんな仲間の態度に、柊真は焦りつつ苛立ちを隠せないでいた。



一方、そんな彼らの様子を夏南子と悠汰が見つめていた。


出典アニメ公式サイト

2話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

第3話 

契約のひとつだと、律儀に食材の買い出しを手伝う柊真と、それを手伝う悠汰。



そして、なぜか男子ソフトテニス部に興味を持ってついてくる夏南子に眞己は手料理を振る舞う。



手際よく作る眞己の姿とおいしい料理に三人は感嘆の声をもらす。



そんな中、まだ初心者で疑問だらけの眞己に、柊真は詳しいルールとソフトテニスの基本を教えるため練習試合を計画する。

しかし、眞己を調子に乗せたくない晋吾や翅、樹はある企みをみせ…。

 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク