ページ上へ


2019年秋アニメ「星合の空 -ほしあいのそら-」【8話】感想 Tweetをまとめました(順不同です)

2019年秋アニメ「星合の空 -ほしあいのそら-」【8話】「あらすじ」や「予告動画」

8話あらすじ

       第8話

月ノ瀬家では、直央とクラブ活動を快く思わない母が口論になっていた。

直央は自分の居場所になりつつある、ソフトテニス部や仲間と過ごす時間を守りたく思っていた。

しかし、そんな気持ちは伝わらず…

母がいれたクレームで、一週間のクラブ活動自粛が決定してしまう。

そんな中、桜井から夏の地区大会の団体戦相手が“旗の丘中学校”だと知らされる。

旗の丘中には、また強敵になりそうな選手がいるようで―。


出典アニメ公式サイト

8話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

第9話

晋吾と杏は仲の良い兄妹。



大好きな晋吾の試合を見たい杏は、今度の日曜日に学校へ見学に行きたいとお願いする。



そんな杏の気持ちを汲んで二人の父は賛成してくれるが、杏の母だけは顔をしかめ…。



その頃、直央も相変わらず、母にソフトテニスを辞めるよう強要されていた。



心ない母の言葉を聞くたび、直央の心と表情は冷えていく。



そんな、それぞれの事情を抱えながら女子部と強化試合を行う当日、ある事件が起こる―…。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク