ページ上へ


2020年冬アニメ「地縛少年花子くん」【6話】感想 Tweetをまとめました(順不同です)

6話あらすじ

第六の怪  16時の書庫

告白の木、輝との対立の一件から、寧々と光は花子くんの秘密を知ろうと五番目の七不思議、『16時の書庫』へと入り込む。

書庫の中には学園にまつわる全ての人の過去と未来が記された本が並んでいた。

寧々は花子くんの本を探すうちに、自身のことが書かれた本を見つけてしまい……。


出典アニメ公式サイト

6話を視聴した方の反応

ぜろプラ.アニメ@管理人

第七の怪  ドーナツ

『16時の書庫』で花子くんの過去を垣間見た寧々は花子くんが死んでしまっていることを改めて実感し、悲しみに暮れていた。

なんとなく気まずい花子くんと寧々。

そんな2人の力になろうと、光は花子くんの好物であるドーナツを一緒に作ろうと寧々を誘う。

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク